« ジェニー、恐ろしい子…! | トップページ | 『 夜想 - yaso 』 特集・ヴィクトリアン »

2008年12月 5日 (金)

久々の洋楽ライブ

Nuno唐突ですが、私の青春はロックでした。(笑)今でこそ節操なくあらゆるジャンルの音楽聴いてますし、最近は年のせいかおとなしめのライブ(=着席したまま聴く)に行くことのが多いのですが、学生時代は無茶苦茶ロックな音楽ばかり聴いておりました。特に中・高時代はまだメタルとかハードロック系が洋楽の大塔だったから、思いっきりイエア!!な感じのばっか聴いてましたね。QUEENとかVAN HALENとかBON JOVIとか。でも流石に高校生程度では実際に洋楽のライブとかに行ける機会はなかったもんで(てゆーか、こういう音楽のライブ会場に行ったらドミノ倒しになって押し潰される!危険だ!という親に禁止されてたっつーか……)同級生や先輩がやってるコピーバンドのライブ(勿論ノンアルコールライブハウス)をたまに見に行ってホッピングしてただけで、実際にライブを頻繁に見に行くようになったのはアメリカに留学してからの大学生時代でした。その頃世に流行してたのはいわゆるグランジ〜オルタネイティブというヤツで、大分ロックが暗い世界(苦笑)に入り込んでた時期でしたけど。(メタルとかハードロックはやたら派手(脳天気)だったから)

で、高校時代から友人の影響で多少聴いてはいたんだけど、大学生になってイキナリハマったのがEXTREME。(英語公式ページはこちら)何がきっかけだったんだかよく覚えてないんだけど解散寸前にファンになって、しばらくドハマっていて、そのギタリストのヌーノ・ベッテンコートにベタ惚れした私は以後ソロ活動を始めた彼を追ったわけです。ええ、そりゃもう素晴らしい惚れっぷりで雑誌の切り抜きを加工してこんな↑ポストカード作っちゃったり(誰に送るわけでもなく)、日本に帰国した際にコミケとぶつかれば洋楽畑で本を買いあさる有様で。(苦笑)あー、勿論親しい友人には布教しまくりましたね。そして私の描くオリジナル作品に通して登場する黒髪長髪で目つきの悪い兄ちゃんの原点はこいつにあると言っても過言ではないぐらいなのです。(激白)はっきり言って自慢ですが、私は学生時代彼の(そしてEXTREMEの)出身地であるマサチューセッツ州のボストンにいたもんで、ホームライブとなる彼のライブにはいそいそと通ったもんなのですが、一度グルーピーと間違えられて(どー見てもそんなカッコしてないのに)スタッフの兄ちゃんに楽屋まで案内され、本人と会って、一言だけ喋って、握手して帰ってきたこともあるのだ!!帰宅したの真夜中だったけど超ハイテンションで友人に電話かけたワサ。(笑)でも今考えると相当な冒険だよ!やはり若いってスゴイな!(おい)その後地味〜にヌーノのソロ活動を追っていたけど、基本的にアメリカでは活動展開してくれなくなっちゃったせいもあり(何故かツアーは日本やヨーロッパばかりでやる)ご無沙汰していたんですが、なんとこの度オリジナルメンバー(ドラマー以外)でEXTREMEが再結成!!何という朗報!長年愛していたけど、解散直前にファンになったせいでバンド・EXTREMEとして見るのは今回が初めてという私。新譜をひっさげて来日した彼らに期待と不安を寄せながら、C.C.Lemonホール(もうちょっと何とかならんか、この名前)こと旧渋谷公会堂に向かったわけです!(ここまでが前置きか?長え!!)

で、結局ちょっと抱えてた不安は杞憂でした。皆いい加減いいトシになってるんだけど、年を重ねつつも昔のノリ通り元気いっぱいに楽しそうに演奏してくれてファン(流石に新規ファンは少ないみたいなので年齢層が高い(苦笑))とのコミュニケーションも円滑に、2時間きっちりぐらいのライブだったけど、実に実の詰まった内容のライブでした。メンバーがニコニコしてると我々も嬉しい♪ 大ヒット曲「More Than Words」なんて殆どファンに歌わせてたけど、未だに歌詞ちゃんと覚えてた自分にも妙な感動。(笑)大体新譜からが1/3、旧譜からが2/3ぐらいな内容だったかなあ。昔からのファンとしてはやはり往年の名曲の方が嬉しいというか、反応が全く違って、アーティストとしては本当は常に変異し続けるのが正しい姿とはいえ、やっぱり「ボクらのEXTREME」であり続けて欲しいという思いも正直あるのは仕方がないか。いやいや、楽しかった!2階席の最後部席という有様でしたが、こんなこともあろうかとオペラグラス持ってってたので(笑)、じっくり観察もできましたですよ。ただサービス満点で舞台ソデにメンバーが降りてきてくれたときもあったので、やはり最前列の人たちは羨ましかったけど。嗚呼、やっぱりヌーノもゲイリー(ボーカル)も格好いい!!パット(ベーシスト)可愛い!!(彼の「エ〜〜クストラ〜〜♪」が生で聴けるなんてv ←EXTREMEはコーラスの上手いバンドなんで他のメンバーもなかなか歌が上手い)うおー!ヌーノのギター、相変わらず神業だぜ。ついでにギターの表面にも相変わらず「N4」って書いてあるのに感動したネ!(ワッシュバーンのヌーノモデルだよ〜〜!!(涙目))くはー!楽しい2時間をありがとう!!
WE LOVE YOU!!


サウダージ・デ・ロックサウダージ・デ・ロック

アーティスト:エクストリーム
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2008/08/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« ジェニー、恐ろしい子…! | トップページ | 『 夜想 - yaso 』 特集・ヴィクトリアン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1097595/25900988

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の洋楽ライブ:

« ジェニー、恐ろしい子…! | トップページ | 『 夜想 - yaso 』 特集・ヴィクトリアン »