« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の10件の記事

2009年1月29日 (木)

新世紀ロック・ディーヴァ

ハードロック?メタル?オルタネイティブロック?音楽のジャンルが細分化している現在、ジャンルを定義するのがなかなか難しいんですが、今までのブログでも語っておりますように、私は非常に音楽に雑食ですが、そもそもはやはりロック畑の人間かもしれません。最初にハマった(小学生のとき)アーティストってマイケル・ジャクソンだったし(笑)、中〜高で聴き込んでた音楽って QUEEN だとか VAN HALEN だとか……あ、ROXETTE も好きだったなあ。ご存知の方います?(笑)で、最近比較的年のせいかアコースティックでおとなしめの音楽やこちらも元来好きなピコピコ系テクノポップとかを聴くことが多いですけれど、無論、時にはかなりハード系な音楽も未だに聴いております。そうだなあ、 Nine Inch Nails とか Linkin Park とか Red Hot Chili Peppers なんかも未だ好きですね。で、ここ数年で出てきたバンドでハードかつゴスっ気満載で実力派な……というと Evanescence は外せないかもしれません。バンドだけど何と言っても歌姫のエイミー・リーの存在感と歌唱力が強烈なバンドで、ゴス好きな人にはストライクで来ると思います。てか、オヤクソクでゴシックな映画(『アンダーワールド』とか)でよく採用されてますし。ハードだけどメロディアスな曲が多いし、バラード系は大変美しい。エイミー・リーの声は力強くも聴き易い美声ですので(メイク怖いけど)洋楽ロックに耐性のある方なら普通に聴けると思います。PVもそんなわけでこんな↓感じ。

Evanescence 『 Good Enough 』 PV


Evanescence 『 Lithium 』 PV


Evanescence 『 Going Under 』 PV

こちらが映画『アンダーワールド』で使われてた曲かな?
思いっきりヴァンパイアっぽい。(つか貞子?)


FallenFallen

アーティスト:Evanescence
販売元:Sony
発売日:2004/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

The Open DoorThe Open Door

アーティスト:Evanescence
販売元:Wind-up
発売日:2006/10/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近音楽ネタばかり続いていてすみません。 m( _ _ )m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

決戦は土曜日

ええ、ちょっとした関ヶ原が今度の土曜日に待ってたりします。個人的に。

『 Re:package 』を買ったもんで、Amazon のオススメに今度は『 supercell 』というCDが入ってた。今度のは『 Re:package 』ほどピンと来なかったんで買うつもりはないのですが、そのうちの1曲だけが妙に気に入ってしまいました☆ 「 恋は戦争 」という曲で、以下のページから音源をフリーダウンロードできます。そのうちできなくなるかもしれないんで今のうちかも♪ ミクの声では似合わない……というぐらいハードにロックな曲。いっそ Linkin Park 辺りにやって欲しいようなノリの曲です。(メロディアスなハードロックは好き) …が、この場合このサウンドと声のギャップが面白いってのかな?個人的には許容範囲。つか全然オッケーです。 ヘ( ゚∀ ゚ヘ) ←節操無し。

「 恋は戦争 」 :: supercell ← MP3音源がフリーダウンロードできます。

『 恋は戦争 』 PV 三輪士郎 version

三輪士郎の絵、好きなんだよなあ……。

『 恋は戦争 』 PV 3D CG version

オフィシャルPVは上↑のみたいなんですが、こういうのもあるんですよね。バージョン2?やはり一応三輪士郎の絵を元にしてるっぽい感じはします。無機的全開で不気味な感じのCGが似合ってると思うので、これはこれで結構好き。


ところで全然違うけど、以前付けたコメントにも書きました通りハンドル名が「マユミール・ド・マスコー」だと長いので、今後はレス付けには「 M.d.M. 」でやってこうかと思います。改めてヨロシクDEATH! m( _ _ )m


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

まだ1月だから企画

なかなかマトモにイラストを描く機会がないので(つーか、年々減ってるよーな…)年賀状と暑中見舞いのイラストはなるべく描こうと心がけております。……とはいえ、どうしても忙しくて間に合わなかったり、喪中で抜けたりもあったんですが、現在のスタイル「CG画をメール送信でご挨拶に代える」になってきてからここ数年の年賀絵を1月(正月はもう終わっちゃったんで…)企画として公開しちゃいます!うーん、これを恥の上塗りというのだろうか……。(汗)並べてみると昔の方が頑張って描き込んでる絵が多いかも。(汗)確かに自分のCGって年々シンプルに、平面的に、な傾向にはあるんですが。なんか言い訳に聞こえるなあ……。 (A;´・ω・ ) アセアセ


Winter_2002
▲ クリックすると大きな画像が表示されます。
2002年の年賀絵。午年。「年賀状は和風」を破りたかった……というか、妙に戦乙女を描きたくて、このような騎士風の絵に。西洋の甲冑描くの好きなんですよねー。ヴァルキリーの代名詞、羽根兜も。いななく馬もいい表情に描けて割と満足してます。

Winter_2004
▲ クリックすると大きな画像が表示されます。
2003年は喪中で描けなかったので、飛んで2004年。でも正月に間に合わなかったので寒中見舞いとして製作。(苦笑)オリキャラの時呼起用で、とにかく着物の模様に凝ってみた。一応大正時代に流行った大柄の着物柄を意識してます。

Winter_2005
▲ クリックすると大きな画像が表示されます。
翌2005年の年賀絵。この年は酉年。……なので一富士、二鷹の鷹を。鷹狩りのイメージかなー。同じくオリキャラの書生風大正浪漫陰陽師・月路を起用。マントの部分は墨のにじみをスキャンしたものを貼り合わせているので何気に手間かかってます。こんな絵描いてたら長年憧れてた弓道を本当に始めた年になってしまいました。(笑)

Winter_2006
▲ クリックすると大きな画像が表示されます。
実はこれが日本に帰国して初めて描いた年賀絵。(2006年)帰国して一週間で一目惚れしたコーギーを飼い始めてしまったので、記念に戌年だからコーギー。コーギー→ウェールズ→英国みたいな感じで英国紳士風のオリキャラ、バルトークを起用。正月っていうよりクリスマスっぽいな。

Winter_2008
▲ クリックすると大きな画像が表示されます。
2007年は忙しくて年賀状の用意できなかったので、飛んで2008年です。子年。ちょっと歌舞いた絵を描きたくて、こんなシャグマみたいのを被った兄ちゃんに。何となくおめでたいアイテムとしてネズミに小槌を持たせたら「大黒様ですか?」と聞かれてビックリでした。(なるほどー)


こんな感じです……。ここ7年の間の5点ですね。うわー……成長ねえ。(汗)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

やはり 7

買おうかずーーっと悩んでいたんですが年末セールで随分お安くなってたので、つい買っちまった、プレイアーツシリーズから『 Final Fantasy VII 』のユフィ・キサラギです。リアル系の顔した Advent Children Ver. より、やっぱゲーム版のが可愛いんだよなー。衣装もこっちのがユフィって感じ。『 Dirge of Celberus 』のときの衣装はてんでダメだったし。てなわけで撮影。(一部ワンコ付き)

Yuffi1

Yuffi2

Yuffi3

Yuffi4

Yuffi8

Yuffi6

Yuffi7

Yuffi9
このフィギュアは腹のスレンダーさがツボです。(笑)

ユフィはヴィンセントとの絡みも含めて好きなんで、ヴィンセントのフィギュアも欲しいところなんだけど……ヴィンセントのフィギュアってどれもイマイチなんだよなー。大きくても小さくてもあんまり完成度変わらんというか、顔の造形が格好いい(ほとんど見えてませんが)のがないんだよねー。(とりあえず小さいのは持ってる←愛です、愛)

Vincent1 Vincent2
左:トレーディングアーツ版(ゲーム版。実はタークス Ver. のも持ってる(笑))
右:『ダージュ・オブ・ケルベロス』版(ポーションの付録)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

実写化ぁ?! Σ( ゚д゚;)

COWBOY BEBOP 1st.Session [DVD]COWBOY BEBOP 1st.Session [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:1998/12/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私がアニメのシリーズモノ(劇場版ではなく)で DVD コンプしているものはこれと 『 The World of Golden Eggs 』 しかないような気がするんですけれど、今でも名作と名高い 『 COWBOY BEBOP 』 が、なんとこの度……

実写映画化されるそうです……!!しかもキアヌ主演で……!!!

キアヌがスパイク役〜〜〜?!全然イメージ違うよぉ!!!(≧д≦) いくらもうSFやコミック原作の世界でしかやってけない俳優と化しているとはいえ、あまりにイメージが違い過ぎる!!スパイクはーー、ルパンみたいに細くて〜〜、松田優作みたいな雰囲気で〜〜。うっへえ、他のキャストはどうなるんだろう。(汗)立ち消えかけてた実写版『ドラゴンボール』の話も持ち直したし、日本の漫画やアニメのハリウッド輸出はすごいけど(それだけ今のハリウッドに独創性がなくなっているということだけど)、絶対めちゃくちゃにしてくれるのもハリウッド流。実写になんなくたっていいんだよぉ、あれは。続編すら要らないと思っているのに。うわあ、どうなっちゃうんだろう。続報が(心配で)気になります……。


ちなみに、『 BEBOP 』は菅野ようこによるサントラが絶賛されている作品でもあります。とりあえずこの↓3枚はマストハブアイテム。アニメサントラ史上、指折りの名作です!

COWBOY BEBOP SOUNDTRACK 1COWBOY BEBOP SOUNDTRACK 1

アーティスト:シートベルツ,スティーブ・コンテ
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:1998/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

COWBOY BEBOP SOUNDTRACK 2 - No DiscCOWBOY BEBOP SOUNDTRACK 2 - No Disc

アーティスト:シートベルツ,ガブリエラ・ロビン,ツリブ・ドナ・カンバーバッチ,カーラ・バレット,山根麻衣,遠藤正明,古川昌義
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:1998/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

COWBOY BEBOP SOUNDTRACK 3 - BLUECOWBOY BEBOP SOUNDTRACK 3 - BLUE

アーティスト:山根麻衣,スティーブ・コンテ,ジャージー・クネティグ,エミリー・ビンディガー,多田葵,SYDNEY with sister R
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:1999/05/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

どこへ帰ろう

Yugure

寒い日々が続いております。マジ寒くて死にそうですよ。

新年早々ナンですが、最近ウダウダと考え込むことが多いです。その反動で思いっきり現実逃避してしまう自分もいるのですが。(そして浪費する←悪癖)何をしなくちゃいけないのか、何が自分にとって最善なのかは解っているのに、ゴール(とりあえずの、に過ぎませんが)目前にして動きが鈍くなってしまう。さて、まずは……?

あ、10月以来切ってないスソのピンピンはねてきた髪切らなきゃな。
それとも伸ばそうかな。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

架空と現想

Lily_chouchou『 呼吸 』 Lily Chou-Chou

Amazon.co.jpで詳細を確認する

前回初音ミクのことをネタにしていて思い出した、リリィ・シュシュ。映画『リリィ・シュシュのすべて』(監督・岩井俊二)は実は見てなかったりするんですが、サントラ……というか、この映画の世界でのみ存在するアーティストとして設定された「彼女」のアルバムって実在しまして、発売当時なんとなく買って大当たりだったんですね……。現在中古購入以外では入手困難なようですが、アングラテイスト漂うエキセントリックな魅力で一杯の一枚なのでオススメです。で、リリィ・シュシュとしての PV もちゃんと存在したりするんだな。これがなかなかゴシックなんで YOU TUBE から引っぱってきましただよ。ちなみにリリィ・シュシュの声&ビジュアルを担当したのは当時まだ無名だった、現・Salyu です。

Lily Chou-Chou 『 共鸣 』 PV

Lily Chou-Chou 『 Glide 』 PV

で、リリィ・シュシュ改め Salyu 。リリィのときはとにかく暗かったのですが、Salyu になってからは元気な歌もバンバン歌ってます。彼女の歌唱力はマジモノです。子供の頃肺炎を患ったリハビリに歌を歌うようになった人なんだそうですが、なんかもー腹の底から出してるような力強くてのびのびとした歌声がたまりません。こういう言い方好きじゃないんだけど(汗)、和製ビョークのような感じ。PV がなんかシュールなとこも通ずる。(笑)こちらもオススメです。

Salyu オフィシャルサイト

Salyu 『 VALON-1 』 PV


TERMINALTERMINAL

アーティスト:Salyu
販売元:トイズファクトリー
発売日:2007/01/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

landmarklandmark

アーティスト:Salyu
販売元:トイズファクトリー
発売日:2005/06/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

やっべえ!! Σ(゚□゚;)

Re:Package(初回限定盤)Re:Package(初回限定盤)

アーティスト:livetune feat.初音ミク,初音ミク
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2008/08/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

livetune feat.初音ミク specialsite ←全曲試聴もできますよ。


『 Last Night, Good Night 』 PV

うおお〜〜〜!あまりに世のヲタクを風靡しているもんで警戒していた『 VOCALOID 』初音ミク。しかしそもそも私はサイバーな感じって好きなんだ。テクノポップも大好きなんだ。「アンドロイド」って言葉も、アーティフィシャルなイメージも大好物だったりして……。ヤヴァイ……。流行りに流されまいとしていたのですが、G瑛先生が 初音ミク figma 持ってたもんだからすっかり気を許してしまった。(その後自分もオークションで購入…)そしたら思ってた以上にキてしまったんだな……!!!(汗)G瑛先生の仰る通り、「昨今の萌えキャラの台頭」的な扱いされてる割にはオリジナルは基本設定以外野放し状態であくまで「歌う人形(ヒトガタ)」というスタンスが結構ストイック。絵も、KEI 氏が描く絵はよく見るとそんなに媚びがないんだな。声優声とか歌う声優とか本来苦手なんですが、これはもはやプログラムというか機械なんで特例で良し!(何様よ)やっぱり所詮人間の肉声には聞こえないところが却って気に入ったというんですかね……。世にはこのCD以外にもたくさん初音ミクフィーチャーなCDや音源が出まくっているわけですが(いや、だから誰にでも扱える機械の歌姫であるからこそ「アイドル(偶像)」なのよ)このCDは正直一聴惚れしてしまいました。最近 capsule とか perfume 聴きまくってたせいもあって、なんかもー、すーんなり。いい曲揃いです。公式PV(キレイだな〜〜このビデオ…)がある「Last Night, Good Night」は勿論、代表曲の「Packaged」とか、「Light Song」も「ストロボナイツ」も格好いいよ!「Our Music」とかあまりにキカイで脳がチクチクするし。(笑)……うわ〜〜、やべえ、やべえ。何こんなに興奮してんだ、自分。(爆)……いやあ、わしっていっつも一歩(どころじゃないときもある)ズレてるんですよね、流行りモノを警戒する性格してるんで…。何、今頃ミク祭してんだろう、自分。(苦笑)

…てなわけで、ミックミクのフィギュアも撮影してみる。↓ 巨大ツインテール(てかここまでデカイと空飛びそうだな)とか全然興味ないんですが、タイしめてるとことか、衣装のカラーリングがヤマハのシンセサイザーをモチーフにしてたりするとこがビビッと来るっつーんですかネ、ハイ。ミントブルーの髪も鮮やかに「ヒトではないモノ」って感じでいいです。ウン、G瑛先生。←投げかけ。(笑)

Miku1
これがミクだ!

Miku4
腕のシリアルナンバー「01」がたまらん。

Miku2
アイドルっぽく逆光浴びて。

Miku3
小物も充実。勿論マイクスタンドも。
でもミクとネギの関係って未だによく解らない……。

Miku5
「撮影は記者会見会場で〜〜!」

Flying
もはや飛行物体。



figma 初音ミク キャラクター・ボーカル・シリーズ01 figma 初音ミク キャラクター・ボーカル・シリーズ01

販売元:ワールドセレクトマーケット
楽天市場で詳細を確認する


↑ 定価2500円なのに…。( ゚ー゚;) でも他に購入可能なショップがない…。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

観たい映画 - 2009春

久々に映画情報サイトを見て、現在公開中から4月前後までに公開で観たい映画をチェックしてみました。さあ目標コンプできる時間があるだろーか?!

K20『 K-20 怪人二十面相・伝 』

この前見た映画が『レッドクリフ』だったから、妙に金城祭りな感じ。でも『三丁目の夕日』のスタッフが作っただけに、この何とも言えない昭和レトロ感がたまりません。早く行かないと終わっちゃうかなー?

Hellboytwo『 ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー 』

前作から結構久し振り?特にヘルボーイファンではないんですが、監督が『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロなのがウキウキな感じ。アメコミ原作もダークヒーロー系は結構好きです。

Samuraizombi『 鎧 サムライゾンビ 』

B級バカ映画の太鼓判な雰囲気プンプンですが、それが良いのです。別に初映画出演の男装桜塚やっくんがどうというわけでもなし。とにかく「サムライ」で「B級ホラー」!言うことなし!(笑)

Meiranfang『 花の生涯 - 梅蘭芳 』

チェン・カイコーが再び京劇映画を?しかも今回は実在の名優・梅蘭芳の生涯を描いたストーリーと来ました。何気に安藤政信とか出てるし。『さらば我が愛〜覇王別姫』が心の映画な私としては、これも観るっきゃない!

Valkily『 ワルキューレ 』

随分前から待たされ続けてきましたが、ようやく今春公開ですか。アメリカ人俳優が演じるドイツ人将校というのはどうか、まだ解りませんが(でも扮装したトムは本人によく似ている)シュタウフェンベルグ大佐が見れるなら〜〜〜v

Redcliff2『 レッドクリフ Part 2 』

前編が予想外に面白かったので、勿論後編も期待ですよ!史実は置いといて、アクションや演出に期待です!また一緒に観に行こうね〜〜、G瑛先生!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年 2009

New_year_2009

新年あけましておめでとうございます!

この閑散としたブログにお越しくださった皆様、私と様々なイベントに同行してくださった皆様、昨年中は大変お世話になりました。益々当初の目論みからはずれ、ただのオ○ク雑記ブログと化している「月蝕迷宮」、そして書き手のマユミール・ド・マスコーではありますが(でもドール製作も頑張るからねー!てか、道具は殆ど揃っているのよ。あとは気合い&時間の要るペイントや技術の要る接着等の作業を…)、どうぞ呆れずに今後ともご贔屓によろしくお願いいたします。 m( _ _ )m 

ちなみに今年の年賀イラストは久々に洋風。甘ロリ(?)を目指しました。プリンセス・ホルスタイン。ホル子。(笑)ひらひら、フリフリ。 ヘ(゚∀゚ヘ) アヒャ

それでは本年が皆様にとって善き1年になりますように…!


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »