« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の10件の記事

2009年11月28日 (土)

いよいよスタート…!!

Junnobo
▲ クリックすると大きな画像が表示されます。

そんなわけで、5年前から楽しみにしていた 『 坂の上の雲 』 のドラマ化…!遂に今週末から実現ですヨ!!いやあ〜〜…長かった!原作者の遺言上、映像化不可とされていたところを何とか説得して……と思ったら企画段階で脚本家が自殺、プロジェクトが頓挫しかけるもスタッフ再構成(これがかつてのNHK大河『秀吉』のスタッフってのが…(笑))でリスタート。大河かと思ったら「スペシャルドラマ」という微妙な枠組み。年5回の放送で3年間かけて…?!15話構成でできんのか?!という不安もあることはあるのですが、番宣を見る限りスタッフ、キャストの意気込みは本物っぽいので期待してます…!!あああ、本当に楽しみ!

NHKスペシャルドラマ 『 坂の上の雲 』公式サイト

明治日本。維新、文明開化を経て侍の世から急激な近代国家への道を小国が知恵と勇気でもってがむしゃらに走り続けた時代。まさに「少年の国」。こんなご先祖様がいたことを日本人は誇りに思わなければいけないと思います。

キャスト的には主人公3人は文句ナシです!秋山真之に本木雅弘、秋山好古に阿部寛、正岡子規に香川照之。特に阿部ちゃんの好古兄さんはドンピシャですよ〜〜。しかも「今」の阿部ちゃんだからこそのドンピシャ具合が最高です。(笑)あとドラマでは子規の物語もより丁寧に描いてくれそうなのでノボさん好き好きな私としても嬉しい。ドラマ次第だけど、個人的にキャスティングで残念賞なのは高橋英樹の児玉さんなんだよな〜〜。ヒデキ好きだけど、デカ過ぎるよ、児玉さんには。(汗)個人的にヒデキは八代先輩のイメージだったのに……。(その八代先輩は片岡鶴太郎…… ← むしろキャスティング逆にしたらどうだ?とか思う…)あと、こんな怪し気なマレスケでいいのかね?なのは柄本明の乃木将軍。(苦笑)柄本明なマレスケに高橋英樹な児玉さんが「旅順どしたー?!」とツッコんで来る(でも仲良し)姿って何か想像できない……。まあ、ともかく本年放映の第一部は主人公たちの青春編とも言っていい辺りで、私も原作で最も好きな辺りです♪ ふっふっふ……。 ( ^ω^ ) 下記のムック本やサントラも準備して待ってるYO!


坂の上の雲 第1部―NHKスペシャルドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ)坂の上の雲 第1部―NHKスペシャルドラマ・ガイド


販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナル・サウンドトラックNHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナルサウンドトラック

アーティスト:久石譲,サラ・ブライトマン
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2009/11/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【 原作本 】(全8巻)

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

著者:司馬 遼太郎
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


+

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

『 THIS IS IT 』

Michaeljacksonthisisit
『 THIS IS IT 』公式サイト

当初2週間限定公開とか言っていたので、こいつはちょっと難しいかなと思っていたのですが、公開延長、タイミング良く中学生来の友人からお誘いの連絡があったのでパパっと見て参りました。我が青春のマイケル・ジャクソン。小学生の頃から大好きで、初めて買ったCDは『 BAD 』でしたよ……。(マジで)中学生のときは親の反対振り切って東京ドームに来日ツアー見に行って(ああいうコンサートに行くとファンが騒いで将棋倒しになって潰されて死ぬから行っちゃダメというのが親の理屈だった)『 ムーンウォーカー 』はLDまで持ってて……。て、文章の端々に時代と年齢を感じされる単語ばかりですが、まあそのくらいティーンの頃の私にとってはヒーローだったのよ、マイケル・ジャクソンは。小学校の卒業文集に「将来の夢」で「アメリカに行ってマイケルと友達になる」なんて書いちまったほどに。うん、「アメリカに行って」までは叶ったんだけどな。(笑)ここ10年ぐらいはウソかホントか解らないような彼の奇行やらゴシップやらにウンザリしてたとこはあったんだけど……やはりあの突然の訃報のショックは大きかったです。(ていうか、今年亡くなる人多過ぎな気がする)そんなわけで、この映画は生きていれば今頃敢行されていたであろう、彼の幻のライブツアーのリハーサル映像をエディットしたドキュメンタリー映画であります。ハッキリ言おう。一言「スゴイ」であります。天才だ。彼自身も。そして彼をとりまく本物のプロ中のプロたちも。本当に惜しい人を亡くしたと思う。確かに唯一無二の存在を我々は失ったのだ。

続きを読む "『 THIS IS IT 』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

で、出たあ!! Σ (゚□゚; )

Sd_kamimura

SDGr 上村稔(ドールズ・パーティー22限定発売)

SDGraffiti 上村稔(Minoru Kamimura) 詳細

大きなドールは予算とスペースの関係上、全く手が出せない立場でおりますが、こ、これはヤバイ……。金があったら手ェ出しそうかも。(汗)やべーよ、海軍兵学校だよ。でも兵学校の生徒は上着の袷は蛇腹じゃなくてボタンなんだよ、本当は。(生徒のうちは5つボタン、少尉候補生になって7つボタン)しかも少尉候補生とか言って袖章は既に少尉じゃんとか、なんで軍帽だけ下士官なんだとか(つーか兵学校の場合は帽章(碇のマークがメインなもっとシンプルなやつ…)違うんですけど…)、ツッコミたいことは山ほどありますが、要するに格好良ければいいというのも解るんですよ。(苦笑)やっぱ海軍ったら蛇腹万歳だしね!つか一般ウケのいい第二種軍装(白い夏服)じゃなくて第一種軍装(濃紺の冬服)っつーのは渋いチョイスだと思いますね!これこそ海軍ですから!ええ、でも全く資金的余裕がないので何も心配する必要もございませんが、遂にやってくれた感がありますよ、VOLKS さん……。くは!あーあ、衣装だけ1/6サイズで出してくれないかなあ。

以前発売された大正浪漫・はいからさんな女の子、SD女の子「たえ」も気になってはいたのですが……。うう、やっぱ時代モノはええのう♪


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

バトンが来たよ

なんかくれまんさんから『 男性キャラバトン 』なるバトンをご指名でいただきました。
ええっ!な、なんでワタクシなのでございマースカ?(汗)いえいえ、光栄なるご指名でございます。ワタクシのような者に。で、このバトンのルールというのが……

・つつみ隠さず答える
・アンカー不可
・指定は男性キャラのみ
・回されたら何度でもやる

…らしく、その指定されたキャラはなんと……

坂雲の好古兄さん

とのご希望です。ウハ!そう来ますか!(笑)キャラっつか実在の人物だよ!(笑)

で、では以下私的回答です……。 ↓

Akiyama_ani

初めて出会った場所は?
→ 勿論、司馬遼太郎の『坂の上の雲』ですがな!

どこに萌える?
→ 座ったまま寝ることができるというかなり奇人なところ。少年期の病弱でおとなしいなどというイメージが成人後すっかり払拭されている辺り。イケメンなのに全く美醜に興味がなく、早々にツルっぱげになってくれるところ。

どんな仕草に萌える?
→ 常に酒を飲んでいる。(酒が主食)目で露助が殺せる。(ギニャー)

好きな所は?
→ 晩年がファンファン。

嫌いな所は?
→ 申し訳ないんだけど、福沢諭吉の大ファンなところ。(汗)

この子を描くとき主張させる所
→ タレ目とキビッとした上がり眉毛が構成する > < (← この)角度。

もっと絡んでほしい人は?
→ 苦労が絶えない奥様の多美さん。あと若干確認されている弟・真之の上司である島村閣下と海外出張中(会議中に堂々と居眠り)に宿で隣の部屋だったというエピソードも好きです。(隣の島村さんの部屋にバスルームが付いてるのを見るまで自室にもバスルームがあることに気づかなかったという…… ← 見つけられなかったらしい)

家族にするなら?
→ うーん、叔父さんぐらいが丁度いい距離かも……。父親とかには欲しくない…。

私服はGパン?ジャージ?
→ Gパンもジャージも有り得ないんですが(苦笑)どっちかっつたらジャージだろう。

結婚したい?
→ 私のような者に兄さんの妻は務まりません。

最後に愛を叫んで下さい
→ どこまでも堂々と我が道を行く貴方に、ついてはいけないけど素敵なのでそのままでいてください!(実際そのままな生涯だったよね…)

回す人(10人)
10人って……(冷や汗)…無理過ぎっスよ、そりゃ……。
群青さんやのすくさんには回っちゃってるからなあ……。では……
浅葱ヨウコさんに → 夏目漱石
G瑛先生に → 徐晃さん
高枝景水さんに → 豊臣秀吉

お願いしま〜〜〜〜す!(トンズラ)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

506 ハウス

というわけで友人の結婚式を存分に楽しんだわけなんですが(二次会まで行っちゃって)翌日は生憎の雨。や、ある意味こちらが予報通りなんですけどね。つくづく式当日は神様にも祝福されたまたとない日和であったのだなあ……なんて思いながら……お仕事の都合で先に帰京しなければならない同行のお二人と朝食後に別れて、しとしと雨の降る長岡市内を観光に……。

Isoroku_kinenkan
で、長岡のヒーローというと著名なのはこのヒト・山本五十六河井継之助ではないでしょうか。勿論山本五十六記念館、河井継之助記念館と両方行きましただよ。でもやっぱり印象深いのはコチラの方ですね。受け付けのおじちゃんがズーズーの長岡弁でなんかやったら親切なのがまた良いんだな。(笑)

Rikuko
山本五十六の遺品が展示されているわけなのですが、中でも目を引くのはやはりこの本人が戦死したときに搭乗していた海軍一式陸攻の翼の断片。長い間パプアニューギニアで撃墜されたときのままにされていたそうですが、平成元年の現地での慰霊祭を機にこの部分だけ日本に帰ってこれることになったんだそうです。これで翼の全体の3分の1ぐらい。やはり陸攻はでかいなあ。

Zaseki
そしてこちらも伝説の、ジャングルに墜落し、戦死した山本五十六が鎮座したままの姿で発見されたという搭乗席。ちょっとひしゃげてるけどちゃんと原型保ってるし凄いよなあ。

Isoroku_house
記念館の近くには山本五十六記念公園というのがあって、その中に彼の生家(復元。焼失しているので)があります。私が入ったときは他に誰もいなくて、おじゃましまーすとガラガラと扉を開けて入ると……

続きを読む "506 ハウス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

越後の花嫁

先週は2泊3日で横浜から長岡に輿入れする友人のクロさんの結婚式に出席すべく、久々に新幹線に乗って関東脱出、新潟まで行っておりました♪ 同行の士は高枝さんと杜康さん♪ お二人とも出発日の明け方までお仕事をしていたというハードスケジュールでしたが(汗)美しい越後の秋を三人でまったりと堪能して参りました。

Echigo
流石の米所。収穫の時期は既に終っていましたが、どこまでも続く田んぼ!田んぼ!ちょいと前までここいら一帯金色の稲穂がなびいていたのだろうなあと思うと想像するだけでうっとりいたしますだよ♪ 私、A型なので炭水化物人間なんですねん。

Yahiko_eki
長岡市からはちょいと離れた山間にある弥彦村にある神社での挙式だったので、温泉がてら弥彦に前泊。弥彦の駅は何故かこんな宮大工風。(?)駅にお手水があるの初めて見たぞ……。

Momiji3
そして弥彦の山は今が紅葉の盛り!駅からすぐの弥彦公園内の「もみじ谷」と呼ばれるエリアは一面の紅葉で真っ赤な世界が広がっていました。綺麗ー!!こんなに紅葉を楽しんだのも何年振りだろう。

Momiji4
日本が大好きだ!と思う瞬間。

Momiji2
「逆さ富士」ならぬ「逆さ紅葉」狙いました。

Momiji1
この日はこの後宿に着いてから3人ともまったりモードになってしまい、他のところに観光に行くより温泉を楽しみながら、結婚されるクロさん宛ての寄せ書きで盛り上がっちゃったりして(笑)ウホウホな夜を過ごしました……。

Yahiko3
そして結婚式当日。天気予報ではいいとこ曇りみたいな不安定な天気が予想されていたところ、素晴らしい秋晴れに恵まれ(晴れ女の高枝さんのお陰もありそうv)、天もお二人を祝福するかのような絶好の結婚式日和となりました!神社手前の旅館のロビーに集合してから出席者全員が列を組んで参道を練り歩きました。一際目立つ純白の花嫁衣装。観光客にも祝福されながら本殿へと向かいます。

Kiku
式を挙げる弥彦神社は今「菊祭り」を開催中で、参道には菊の品評会に出品された様々な菊の花がずらりと並べられておりました。とんでもなく大きくてボリューミーな菊からこんな形(写真)の菊まで。綺麗でしたよ〜〜。

Yahiko1
そしてこちらが本殿。後ろに見えるのが弥彦山。山間の神社ながら由緒正しい長い歴史を持った立派な神社さんで、御祭神は天香山命(アメノカゴヤマノミコト)だそうです。

Yahiko2
綿帽子姿が清楚で麗しいクロさんの後ろ姿。旦那さんもとってもいい人♪ とても良い式でした。本当に来て良かった。どうぞ末永くお幸せに……!(涙目)


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月10日 (火)

逝くもの、来たるもの


解散してしまったミュージシャン、ナチュラルハイさんの曲「 だから、私は歌う 」に合わせた、アニメ『 秒速5センチメートル 』のMAD画像だそうです。アニメの方はよく知らないんですが(評判は聞くけど)映像が綺麗で編集も上手かったので♪

なんだか最近身辺の移り変わりが激しいです。そんな中であがいてはいるものの全然状況好転しない自分にはイライラするばかりなのですが、そんなのを尻目にホントに世間ばかりぐるぐると足早に回ってゆく……。そんな風に感じるのもここのところ……そうですね、9月を過ぎた辺りからでしょうか……自分の知り合いに結婚する人や子供が生まれたり、または亡くなる人がいたり……で、何か気持ちの切り替えが難しいなーと感じたり……。今週は頭に親戚の一人が亡くなって……特に親しい人ではなかったので個人的な思い出はないんですが、まだ40そこそこの若さだったし、ちょっと周りの状況的にも間が悪過ぎる死で(長患いでも事故でもなく突然死)びっくりです……。そして今週後半は以前から楽しみにしていた新潟に輿入れする友人を祝っての長岡まで遠征しての結婚式。喪に、晴れになんだかタイトスケジュールです。ベビーラッシュも続いていて3週間ぐらい前に一人誕生、来月出産を控えた知人が一人、来年2月予定も一人……。こう考えると結構少子化でもない勢いなんですが、新たな息吹と交差するように突然消え去った命もあったりして……なんて言うんですかね……「生」も「死」も、意外と身近なのだと改めて感じたというか……。自分も今後どう生きて、どう死ぬか、全く想像はつかないんですけど、いつ終わりがやってくるかは本当解らんなー、と。故にやっぱり自分が楽しいと思える人生送んなきゃいけないんだよなーとか思いました……。だっていつ終るか解らないんだもの……。まさに「 memento mori 」ですな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

悩みどころ

DOLL SHOW 26 の起業ブースで既に展示されていた、今後発売予定の J-doll ……。この子 ↓ がちょっと気になってたんですが、

New_jdoll4

グルーヴのオフィシャルブログで早速公式発表されました。お名前は「 De Martini. (マルティーニ) 」というらしい。オフィシャルブログの写真はいつも写りが悪いので(何でだ)、こちらがもちっといい画像。 ↓

New_jdoll3

New_jdoll1

顔のアップはこちらも。 ↓
New_jdoll5

うう〜〜〜、迷う。(汗)アウトフィットはあまり好みじゃないし、髪もどうせならピンク入れないで率直に銀髪の方が好みなんですけれど……メイクが好みなんだな。(汗)やや黒ずんだダークめシャドウに濃い下睫毛、パール系のリップ。ウィッグを自分好みのにカスタムしたらドキュン♥と来そうで引っかかるのですが……「買い要素」がイマイチ低いような……。今は無駄な散財が一番恐ろしいところ。 何故なら……!!

続きを読む "悩みどころ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

DOLL SHOW 26

というわけで、行って参りました「 DOLL SHOW 26 」!なんかさん、昆さん、イキナリ道間違うわの頼りないナビですみませんでした。(爆)だってー、あの地図……。(言い訳すんな)え、え〜〜と、私は初めてのドール系即売会への参加でした〜〜。いや、しかし規模はともかく、やはり一サークルさんが製作できる商品の数が限られるから早々に完売率が高くて、予想はしてたけどスゴかったです。(汗)そして人間並の価格のするドール服……。(汗)まあ一つ一つ手作りで、しかも作業が細かい小さなサイズの服(特に1/6サイズなんか)なわけですからその手間を考えれば納得のコストかもしれませんが……。やはりドールは貧乏人向けの趣味ではないなあとつくづく痛感……。 (  ̄ω ̄ ; )  手が届かないだけに、写真だけは一杯撮ってきました〜〜。

A_line
momoko サイズ(1/6ドール)のアウトフィット製作で有名な A line 様の新作。勿論行ったら完売。 ( T ω T ) 今回の新作はミリタリー風のデザインな「 little soldier 」と題されたお洋服でした。可愛い〜〜。素敵〜〜。 ( ≧ ∇ ≦ )

Goth1

Goth2
MSD及びSDのゴスロリ調なアウトフィットを製作されていた 童話館 MotherGoose 様。人間用(っつーのも変だが(汗))の服も製作されているようです。展示ブースの装飾も徹底していれば、売り子のお姉さんもバッチリ黒ゴスロリでトータルコーディネートされてましたね〜〜。

続きを読む "DOLL SHOW 26"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009年11月 2日 (月)

Miniature Lingerie Apartments by momoko DOLL

Baby_blue2
この週末は関西の方からお友達のなんかくれまんさんと加藤昆さんが東京で行われるドールイベントのためにおこしになってくださいました!ヤフーイ!お会いするのはかなりお久し振りでしたが、お二人とも相変わらずで(笑)お元気で何よりでございました♪ メインの目的は11月1日に行われた DOLL SHOW 26 なのですが、とりあえず前夜祭として31日は渋谷の LOGOS Gallery で開催中の momoko のイベントと秋葉原のドールショップをご案内。momoko のイベントは Miniature Lingerie Apartments by momoko DOLL というもので、本来人間用のランジェリーブランドとドールのコラボということで可愛らしいミニミニサイズのランジェリーの発表展示会でございました。そちらもさることながら、今まで発売された全 momokoDOLL を展示してくれてるのがまた嬉しかったり……。ええ、何せ今じゃ手に入らない幻のアイテム及び高額過ぎて手の届かないモノばかりですから。せめて実物を拝めて写真を撮れるだけでも貴重、貴重。

Baby_blue
▲ クリックすると大きな画像が表示されます。
コラボのお相手はランジェリーブランドの KID BLUE 。名前の通り(?)水色が基調な淡い色合いのナチュラル&可憐な感じのデザインなランジェリーがラブリーでございました。ええ、それを着てるのが1/6サイズのドールってのが、また。

Holy
メイン展示のモデルさんたちは何故かおてもやんメイク(爆)にカスタム。

Cosmos
ライティングが微妙だったり、ガラスケースの中の展示で反射しちゃったりなどで上手く撮れなかったけど〜〜〜。(汗)

Carrot
CCSの「 Fluffy Baby 」の キャロット さんと ハニー さん。CCS製の既存のランジェリー(フリルガーターセット)をお召しです。可愛いんですが……人間並のお値段…。つーか、私が普段セシールとかで買っている下着のがよっぽど安物です。 ( ; ´д` )

Angela_aki
▲ クリックすると大きな画像が表示されます。
勝手に「 アンジェラ・アキ 」と呼んでいた(笑)、今回のイベントにて登場の Angel Amber さん。今回の3人娘は実物を見たらこの子が一番可愛かったです♪

Angels
そしてランジェリー3人娘の残り二人の Angel Pearl さんと Angel Ruby さん。 Angel Pearl さんはこの会場限定発売。早速完売でした。ウヘア。(下着しか付けてないのに2万円近くするのに……)…にしても、下着で三つ折りソックスってちょいヤバでエロいな…。(おい)

Real_size
▲ クリックすると大きな画像が表示されます。
ハッキリ言って怖いだけだった等身大 momoko 。

Pink_green
これは…… Girl's End のカスタム?何か自分、momoko はアイメイクは濃いめに、リップはヌーディーな感じの子が好きみたいです。

Antieque
▲ クリックすると大きな画像が表示されます。
アンティークドリーミング さん。このブースは一緒にいるドールの殆どがデフォルトのショーツ(下)に上は白いTシャツという組み合わせでしたが、Tシャツにクラシックなドロワース姿が可愛かったです♪

Mama
Mama Told Me さん。こちらの通常バージョンの子も十分魅力なのですが、欲を言えば 伊勢丹 Ver. さんがより好みだったり。しかし両方とももう普通には入手不可能なアイテムな上に、たまにオークションで流れていてもべらぼーな価格。 ( T _ T ) ちなみにこの時撮影してて気づいたのですが、この子は『 レオン 』のマチルダ(ナタリー・ポートマン)がモデルなのか?

Yankumi
さっきから momoko を何となく似てる誰かの名前で勝手に呼んでいる私。この子( ストイックグロス さん)は「 仲間由紀恵 」「 ヤンクミ 」と連呼。(爆)でも右目元にホクロがあったりして凝ってるし美人さんですよね。

そしてこれから発売の2009年秋冬モデルの皆さん! ↓

Winter_orion
昆さんご購入予定の オリオン座のソナタ さん。音大系正統派美少女を目指しているらしい。お嬢様系のアウトフィットはそこそこ魅力という感じですが、市販品ならではのクオリティの高い編み込みのヘアスタイルにとても魅力を感じます。う〜〜、どうしよう……。(汗)

Tea_80s
で、自分的に欲しいなと思っているのはこのお二人。ミルクティーパーティー さんと きらきらエイティーズ さん。……あ……でもよく見ると髪型的には結構かぶってんな。(汗)配色は全然違うけど。エイティーズ さんは試作品のためか、何だかとても顔色が悪かったんですけど……最近白肌の子多いですよね。趣味的にはこの子は直球なんだけどなあ。ミルクティー さんはボリュームのあるアウトフィットが魅力。髪の色味も好きだなあ。どうしよう、迷う〜〜!。 ( ≧ д ≦ )

続きを読む "Miniature Lingerie Apartments by momoko DOLL"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »