« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の8件の記事

2010年2月25日 (木)

久々に ぱふゅ〜む♪ ← 昔の表記。

Perfume 『 エレクトロワールド 』 PV

Mac だと配信で Perfume の曲は購入できないのでシングルようやっと買いましたよ。この曲は前から欲しかったんで。PVも好き♪ やっぱのっちはパンツ要員v かしゆかはギリ丈フレアーにマイクロミニショーパンv CDのジャケットもビョークっぽくて好きv

エレクトロ・ワールドエレクトロ・ワールド

アーティスト:Perfume
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:2006/06/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ついでにこんなの見つけちゃった。 ↓

インドのスターたちが踊る『 セラミック・ガール 』

シンクロ率がスゴくてハンパねえです。(笑)つーか、インドのスタアはあの体型でこんな激しい振りの踊り、よくやり切るよなあ。体力が違いそう。


| | コメント (4) | トラックバック (2)

2010年2月23日 (火)

Making of 黒髪鬼・レイヴェン

…というわけで、お待たせいたしました。恒例のメイキングでーす☆ 黒髪鬼・レイヴェンドールが出来るまで♪

Original_head
レイヴェンさんのヘッドは VOLKS のカスタムヘア剛02ヘッドを使用。髪はセンターパートストレート(ブラック)で、肌色はガイカラーです。吸血鬼化しても色白の不健康そうな美形のイメージはまるでないレイヴェンさん。(笑)

Pierced
いきなりピアス穴設置手術。最初普通の縫い針でやってみましたが、ピアスが貫通できるほどの大きさの穴が空けられなかったので、太めの植毛用の針を使ってブッサリ。痛い画像ですみません。(汗)

Pierce
人間用のピアスで最も小型なサイズと思われる飾り部分の球体が1.5mmほどのボールピアスを使用。耳たぶを貫通した後の耳裏の部分のピンが人間サイズのままだと長過ぎるので約半分ほどにカット。このままでは穴にピアスが通り難いのでピン先部分をヤスリで削って鋭角にし、差し込みました。

Shitagaki
薄めた茶色のアクリル絵の具で目や眉の位置などのバランスを取り、下描きをします。(すみません、うっかりソフビ用の下地スプレーを吹きかけるのを忘れてしまいましたが、気づいたときにはもう手遅れでした ← おい。)

1st_paint
一概にどういう塗り順がいいのか解らないんですけれど、左右対称か、面積量的にバランス取れてるかの確認しいしいのためにも眉毛と瞳の白目部分を先に着色。何かスゲー怖い状態ですね、この写真…。あと鼻の穴部分にもうっすら着色。

2nd_paint
とりあえずペイント完成状態。(早っ!)基本いつも自分が描くイラストと同じような造形なのですが(だからあんまりボカシは使用してない…)イキナリ雲の上のクオリティも目指せんだろーて、スタイル的にはユノアライトシリーズ的な塗りを目指しました。唇の着色も薄めたオレンジで限りなくヌーディーな感じでさらっと。(ちょっとこの塗りのコツをつかんだような気がする)

Fixa
髪にサランラップを巻いてシャワーキャップ状態にして全体に 「 Mr. スーパークリアーUVカット つや消し 」 を吹きかけました。吹きかけた直後は色が濃く発色するのでなんかこの写真だとラテンなジゴロ兄ちゃん風に見えますね。(苦笑)

Hair_cut
ヘアカットを始めます。今回上から見て前方半分の髪を両サイド、前髪の3つのパーツに分けて、それぞれ髪に流れを付けながらシャギーカットに。うう、髪のカットは苦手ですわ〜〜。ドール用ワックス、人間用ワックスを併用しながらスタイリングして行きます。パキッとアニメ風に固めるならボンドを薄めて使うという荒技もあるんですけどね。(汗)ちなみにあんまり目立ちませんが、一房だけ布で縛ってある髪があります。第二期(と勝手に呼んでいる)になってからレイヴェンさんの服装やアクセサリー類の設定が若干変更されていたのですが、髪縛ってるのは実は右側だったということに今さら気づきました……ごめんなさい…… ← それ言うたら髪の分け目もどっちかっつーと逆だよな。うろ覚え三昧でごめんなさい、のすくさん。 ( T _ T ) そうそう、この布はガーゼ生地を切ったものなのですが、古めかしくするために実は紅茶染めしてます。(解り難い)

Gross
だいたい髪のスタイリングがついたところで目と唇の部分にクリアーの光沢塗料( Mr. カラーGX 100 スーパークリアー III )を塗ってつるん☆ぷるんに。(笑)それにしても Mr. カラーは一度開封すると劣化が早いなあ。(汗)

Final
…と、こんな感じでヘッド完成!

Neck
ボディは VOLKS の NEO-EB 剛素体・専用肌色(ガイカラー)を使用。首筋にはレイヴェンさんがラドウ様に敗れて吸血されたときの吸血痕も付けておきました♪ 丁度チョーカーで隠れる部分です。

レイヴェンさんドール、一丁上がりぃ♪


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年2月19日 (金)

お婿入り、その後…

レイヴェンドールを贈呈して、大変喜んでくださった原作者の楠のすくさんから楽しい写メをいただきました〜〜vv そして早速素敵な4コマ漫画を描いてくださったので、許可をいただき、当ブログでも公開♪ ありがとうございますうううう〜〜〜!!

Enemies
長い旅(関東→山陰)を経て、狭い空間(小包)からようやく脱出。一息つくレイヴェンさんの背後で先にお婿入りしているラドウ様ピンキーが危険を察知!

Zeninshugo
以前差し上げたローズ様ドールと、なんかくれまんさん作のラドウ様ピンキー&天羽世礼さん作のヘレンちゃんピンキーと一緒に集合写真!(ちなみにあの墓石とカラスは『クロウ』フィギュアの付属品ですね……?)いやあ、何か楽しいですねえ♪ どんどん増えろ♪、吸血ファミリー!

Pantsu
そして前回のコメントで話題になっていたレイヴェンさんの下着の件……コレです。(笑)これがレイヴェンさんの侠気というもの。(何か違う)見事にむかれましたね。(笑)

4koma
レイヴェンドール到着の喜び(?)を漫画にしてくださった、のすくさんvv ありがとうございますv ラドウ様にもやっぱりこんなイメージを抱かれていたのですね♪

ありがとうございます!!打てば響いてくださってこそやり甲斐が感じられるというもの……!!こんなに喜んでくださると……またイタズラしちゃいますZE?☆(おい)


Kogarasudo2
 楠のすくさんのサイト 「 小烏堂 」

Kiemashita のすくさんの弟さん、たま。さんのサイト
  「 データがきえました。 」

(漫画『吸血狩人』全話掲載中)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

主人公、推参!

一昨年10月……このブログが開設して間もない頃ですけど、カスタムドールの第一作としてイキナリ人様のキャラクター、楠のすくさんの描かれている漫画 『 吸血狩人 』 (楠のすくさんのサイトはこちら。 『 吸血狩人 』 全話掲載中の弟さんのサイトはこちら)の登場人物の一人、ローズ様をモデルにドールを作ってしまってから早1年と4ヶ月……。ローズ様ドールがのすくさんの誕生日に合わせて贈呈されたものだったので、本当は去年のお誕生日に合わせたかった……が、なんだかんだでバタバタしているうちに日々は過ぎ……とうとう2月になってしまったので、これはいっそ「バレンタイン企画」と銘打って、今度は物語の主人公であるレイヴェン・ハート氏をモデルにカスタムドール製作をいたしました!ローズ様の時も大して練習もせんと、イキナリ初挑戦のカスタムドールを人様に差し上げるという暴挙をやらかしてましたが、今回もアイペイント初挑戦の状態で贈呈という危うさです。(爆)いや、レイヴェンさんはキャラ的にグラスアイのイメージでなかったし、アイペイント系のカスタム技術も身に付けたくて……て、ホントにこんな生け贄のような状態ですみません!!衣装はオークションで流れているミリタリーフィギュアのルーズパーツをコツコツ集めてみたらそれなりな感じに揃ったんですけど、どうしても市販品や私の技術では補えない部分がありまして……それはレイヴェンさんの最大の武器とも言える“スネークの鏡”というアイテム。オリジナル漫画のオリジナルアイテムですからこればっかりはどうしようもなく……造形の魔術師・大天使なんかくれまんさんに泣きついて、こちらの製作はお任せしました!そしたらもう……完璧な出来で……!あ、ありがとうございますぅぅ!!(涙)このパーツが揃ってようやっと完全なレイヴェンドールになりました。拙いながらも(私のカスタムが)のすくさんには喜んでいただけて良かった……。ちなみにバレンタインデーにサプライズということで、今回はケーキ用の箱に入れてお送りしました♪ あなたー♪ お食事になさいます?お風呂になさいます?それともワ・タ・シ?状態?(爆)

というわけで、後程恒例のメイキングもいたしますが、まずはドールを撮影したものからお披露目です♪

Raven23

Raven1
自分のオリキャラを見れば解るとーり、黒髪・長髪の影のある美青年は守備範囲ですが、人様のキャラとなると緊張しますね〜〜。本当はもっと男らしくてギラギラした感じの人なんですけど、優男にし過ぎちゃったかな?(汗)

Raven15
ちなみにこちらのコートはミリタリーフィギュアのドイツ軍士官のものです。(笑)ボタンを加えて原作に近いイメージにアレンジ。靴もミリタリーフィギュアもの。(スゴイリアルな造形です)革パンツも何かのアクションフィギュアのルーズパーツだったと思います。( THE 寄せ集め)

Mirror_of_snake
こ・れ・が!なんかくれまんさんによる 「 スネークの鏡 」 です!ちゃんとドールに対して等身大!原作のデザイン通り!素晴らしいです!!流石です!!(感涙)

Raven11
剣は意外とイメージ通りのサイズのものがなくって、やはりルーズパーツ売りしていたクールガールの「キューティーハニー」のハニーソードをリペイントして使用いたしました。

Raven12
戦闘態勢。時間がなくてなんかさんが製作された鏡と一緒に撮影できなかったのが残念です。

Raven7
何かこの写真はやたらビジュアル系に写ってました。(笑)アイペイントも結構角度によって表情変わるなあ。

続きを読む "主人公、推参!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

母と伴天連

寒いなあ……なんなんだ、ここ最近。寒いですよ、本気で!(冬だろ)実は2月の13日は母の誕生日でした。ここ数日慌ただしくしてたやら、懐が寒いやら(メインリーズン)で何も用意できなかったけど、罪滅ぼしというか、ほんの気持ちで今日は花束を買って帰った。そういえば以前ちょっと感じてたんだけど、日本人って結構人に花を贈ることを仰々しいものと捉えてる人が多いですよね。よっぽどのお祝いだとかお見舞いだとかなイメージ。男性から女性へとかいうとプロポーズ級に恥ずかしいもののような扱いで…。そもそも花が日本では結構値のはるものであることからしてそういうのに拍車かけてんのかなあという気もしますが。私は子供の頃から親がステージとかやる人だったんで(一時的に)花束に囲まれた状態になることとかあったし、祖母が花好きで、学校帰りに祖母の家に寄るとき、数百円の花束…つーか一輪花とかでも持ってってあげるとすごい喜んでくれたんでよく花をあげてました。アメリカで暮らしていたときも向こうでは割と皆気軽に花を贈ったりする文化があったので(安いし)ビジネスパートナー的な関係の人同士でも久し振りに会ったりするちょっとしたときに男性から女性へとか他意はなしで贈ることってありましたね。なんかそういう心配りが一種社会人男性の品格的なところがあって、日本人だったら「ケッ、このキザヤロー!」となるところが全然違和感感じなかったもんです。別にキザかなあ、これって。花を贈るって素敵な行為だと思いますよ。もっと日本の人も気軽にやればいいのに、とか思ってるんですが。まあそれはともかく……今年も親孝行ができない母の誕生日でありました……。(凹)いつか「ヘッ、じゃあ行ってこいよ」とか言って温泉旅行のチケットとかピラっと渡したいもんだ。ちなみに相変わらずの Soft Bank のお父さんですが、こちらのお父さんとお母さんのしっとり感も好きです。樋口可南子、いいよね。 『 明日の記憶 』 での奥さん役も良かった。

どーでもいいけど、最近 Soft Bank のCMが土佐(龍馬)編やってたのは知ってたけど、こんなバージョン ↓ があるの、知らなかった……。タラちゃんって……。

(今、去年書いた自分のブログの母の誕生日の関連記事を読み返したら、全く進歩がないどころか後退してるぐらいの状況でマジで凹んだ。ダメだ……ダメ過ぎる…… ← 自分が。)

さて、明日(つか今日)は伴天連デー♪(バレンタインデーと言え)弓仲間のおっさん(68歳。寧ろおじいちゃんか)と美少女と3人で浅草〜向島をデートしてくる予定です。オマヘら、他にすることねーのか、って感じだけどv 渋スギ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

『 Dr. パルナサスの鏡 』

Parnasus
『 Dr. パルナサスの鏡 』公式サイト

「 ヒース・レジャーのために、完成させたかった 」

テリー・ギリアムという監督の色が好きで興味を持っていた映画だったけど、要はスタッフもキャストも皆この思い一心で完成させたんだろうなあ……という感じの映画でした。突然過ぎたヒース・レジャーの死……今まで作品の製作中止という事態が実際に遭ったギリアムなだけに、今度ばかりは乗り越えたかった壁だったんでしょうなあ。…というか、彼がどれほどヒースに役者として、人間として惚れ込んでいたかが解る感じで、これは「死」をもっても終らせたくない物語だったのだと思います。脚本をアレンジしてヒースの“代役”となったジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル。彼らもいかな思いでヒースの残していった穴を埋めたのか。それを思うとギリアムのこの甘い悪夢とも言える世界観、そして本作の持つ深層的な人間の善意と悪意というテーマが、なんかホントに「遺作」となるには完璧過ぎるぐらいで、いやあ…実に惜しい若者を亡くしたのだなあと残念な思いで一杯になりました。一見して複雑で感傷的で難しそうな話なんだけど、ギリアム作品にしては意外と勧善懲悪でストレート過ぎるぐらいの純度を持っていたりします。善意と悪意、両面を合わせ持つ人間に選択が課せられたとき、想像力の末に待つものは破滅なのか?浄化なのか?

続きを読む "『 Dr. パルナサスの鏡 』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

みんなで作るんだ!

あー、今日も寒かったなあ。何やらいろいろガシガシやってて落ち着かない日々なのですが、2月の3日はある意味自分にとって記念日だったんですが、それを経てここ数ヶ月モヤモヤしていたものをスッキリさせようと、今日(つかもう昨日だ、5日)思い切って当って砕けて撃沈してきました。(何やソレ)いいんだ、結果は解ってたんだ。ただ言わないでモヤモヤしてるのが気分良くなかったので言ってスッキリしたかっただけ。うん、後悔もしてないし、結果にも納得してるよ。いいんだ、これで。いいんだ……。

……と、何やら気持ちの悪い感傷に一人浸っていてすみません。意に反してこのブログがここんとこ電波ブログになりかけているのを私だって心配してるんです。(逆ギレすんな)ストレートに書けないくせに読んでる人が「??」なブログは個人的にあまり好きではないんだよなあ。あうー。というわけで、本来書きたかった件について。 ↓

加藤昆さんから1月末に行われた「ドールショウ27」(私も昆さんも行ってない)の セキグチ + Petworks ブースで新作 momoko が若干発表されてたんだという話を聞き、慌ててネットで情報漁ってみた次第です。あ!ホントだ!!「 みんなでつくる momoko doll 」の「 2009 ver. 」の試作品が公開されてるー!そうそう、2009はウェスタン風に決まってたんだよね!しかもいきなりカラーバリエーションが2種類存在するという直球情報までオープンですか!おお〜〜……衣装は確かに可愛いと思うんだけどね、普通のブロンドちゃんなら自分的にはどうかな〜〜?という感じでしたが、二番人気だったアッシュブロンド系も採用ですか!アッシュブロンドのお嬢ちゃんならちょっと購入考えちゃうぞ…!(ネットでドールショウに参加された方々が写真アップされてて実体も流れてますが、流石に人様が個人的に撮影された写真を流用するわけにもいかないので、公式サイトで発表されてたイラストを召還してみる ↓ )

Mintsuku2009 Mintsuku2009_face2

ちなみにみんつく、「 2010 ver. 」は現在投票中ですが、とりあえずファッションが私の推してたゴシックスタイルに決定してくれたんで嬉しい♪ 全体的にはどんな仕上がりになるでしょうか?そうそう、ゴスと言えば「 ミルクティーパーティー 」さんの別バージョンで黒髪ストレート姫カットな子(ここまでイメージ違ってくるとバージョン違いでなくて違う商品でもいいような気がする…)が出るらしいんですが、あまりに黒いので紅茶どころかコーヒー通り越してジャリジャリのトルココーヒーまで行きそうです。墨汁です、殆ど。(飲めるか!)あと小さいユノアも新作発表されたようですが、今回は何がテーマなんだかイマイチ解りずらい……。アズライトは単なる制服男子高生に見えるけど、フロウライトのチェーンとかコルセットのパンキッシュな感じは一体……。今回のペアもあーんまり好みでないかなあ。値段がするだけに買うときは慎重に、好みに直球な子が欲しいのです。そういう意味では限定発売された Lovesound の、特にアズライトは好みだったんだけどなあ……。高いし、生産数少ないし……。(泣)

それにしても「 エイティーズ 」さんはやっぱりあんまり顔色良く見えないかも。(汗)デフォルト服だと普通に見えるんだけどなあ。前髪の長さも固体差があるとの噂。買うときは実物見て買った方が良さそうです…。(汗)


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

最近のTVドラマ

NHKの大河系のドラマ以外、いわゆる民放のトレンディドラマなど、たまたま見ちゃった以外では見たことのない身なのですが、最近なんかついつい見ちゃってるドラマが2つあったりします。まー、何となく気になるのも今の自分の心情を少しばかり反映してるせいもあるんかなーとか思うんですが、正直なかなか救われないものばっかり好んで見る自分の気も知れない。(おい)

「リストラ」をテーマにした 『 君たちに明日はない 』 (NHK)

「社内虐め」をテーマにした 『 泣かないと決めた日 』 (フジテレビ)

どっちも現代の世相というか、社会現象みたいなもんスかねー。仕事を探してさすらう身であったり(こんだけ切られてる世の中で拾ってくれる会社も少ないというものです)、初めて古風な日本の一般企業の内情を目の当たりにしたショックが冷めやらぬ身であったりするもんで、共感できるところが多かったりして……。いや、本当に酷い目に遭ってる人はたくさんいるんだろうな〜〜〜…というか。(汗)ドラマだから誇張も大きいだろうけど、少なからず世の中の人って皆保身的で理不尽な人も仕事も多いんだなあ……って最近つくづく思ってるんで。特に女ばっかりの職場というか社会の恐ろしさに逃げ出してきたばっかりなんで、ドラマ見ててウヘアー!に感じること多々アリって感じです。(爆)女の人ってホントにコワイ。キャリアと、男がからんでると。私みたいなボンクラはとてもじゃないけど対抗していけません。

ちなみに 『 泣かないと決めた日 』 で主人公を助けるいい人役を要潤がやっているんですが、私、今まで要潤というと、

Mitsunari Mitsunari2
こーゆーのとか、

Jagar
こーゆーのの、

イメージしかなかったので、本当にいい奴なのか?と最初無意味に心配でした。(笑)この人もイケメンライダー系出身の人でしたっけ?さらについでにこのドラマをやってる最中に流れる相変わらず可笑しいダイワハウスのCMが最高なんですよ。唐沢寿明よ、どこへ行く。

あと全然関係ないけど、このCMも大好きvv(温水さんv)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »