« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の3件の記事

2010年3月20日 (土)

最高☆ゴエペディア!

これ、シリーズ全部(8本)見てたら軽く3時間行きますが、面白過ぎるので全部載っけときます。暇があるときに少しずつ見てください。最高ですから。(続きは畳んどく)

長く続いてるアニメは絵柄は勿論、登場人物のキャラまで段々変わってくるもんですが、いい意味でカオスですよね、 『 ルパン三世 』 シリーズは。主人公のルパンの声だった山田康夫氏は亡くなって久しく、次元の小林清志氏も五右衛門の井上真樹夫氏も不二子ちゃん役の増山江威子さんもご高齢になってこられたので心配でハラハラなんですが、皆さん芸達者でキャラにハマりきってて、すごい配役だよなあ…と改めて感動。私は元々は次元派だったんだけど、五右衛門も同等に好きで、これらの動画見て改めて五右衛門が好きになって(つか、あんなにワガママなキャラだったのか…可愛い過ぎる)、次元のオカンっぷりにシビレた感じです。嫁にするなら次元だ。(おい)つーか、ルパン含めて個性の際立つ3人組ってのは男子オンリーでも女子オンリーでも魅力的です♪ ホントこの3人兄弟みてえ。(笑)おちゃめで破天荒な長男、しっかり者で常識人の次男、気難しくて頑固な三男。(笑)素晴らしいバランスだ。名作過ぎる名作。

続きを読む "最高☆ゴエペディア!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

待ってます。

今月末発売予定の 「 みんなでつくる momokoDoll 2009 」 、私は予約開始日に早速ポチっとなと行きましたが、今見たら2体(バージョン)共完売状態ですな。相変わらずスッゲエなあ、 momoko の限定モノは。(汗)私は茶髪の Brown さんの方をチョイスいたしましたが、どっちも可愛くて悩みました。それにしても momoko を定価で買うなんて初めてですよ!!(苦笑)金髪の Blond さんも魅力的ではあるので、今ビクトリーさんの本体だけをゲットして再植毛、リペイントにチャレンジしようと思ってるので、この Blond さん風を目指そうかしら……。ただビクトリーさんって髪下ろすと全然雰囲気変わってすごく美人さんになるのでメイクチェンジは要らないかも…とも思ってマス。

Cowgirl_brown

Cowgirl_brond

【楽天市場】セキグチファンダイレクトショップ:みんなでつくる momokoDoll 2009

お迎えするのが楽しみだな〜〜っと♪ バッチリガンアクションさせますよ!カウガールですものv そして8月の momoko イベントも楽しみです……。 「 momoko DOLL お買い物大作戦スペシャル 」 って、ホントに一般人がお買い物できる値段なんですか……ていうか、今年の春夏ラインナップの発表はまだかえ……。

追記:本日(3/18)、セキグチさんから「発送予定は3月25日(木)です」ってメールが来ました。ふふふ…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

『 ラブリーボーン 』

Lovely_bone
『 ラブリーボーン 』公式サイト

すみません、随分と間を空けました。(汗)仕事が始まってから拘束時間が長いやら、疲れてバッタリだわでなかなかブログを更新する手間がかけられなくて……。まあいろいろあるけど、元気です。うん。(何ですか、それは)

というわけで、いい加減終りそうでヤバかったので空いてる時間の合間を縫ってダッシュで見てきました、 『 ラブリーボーン 』 。(金券ショップでチケット買っちゃってたので焦りました(汗))久々に見るピーター・ジャクソン監督映画で( 『 キングコング 』 以来?)、今やPJと言えば 『 ロード・オブ・ザ・リング 』 三部作ですが、本作はその前に話題になった 『 乙女の祈り 』 に近いイメージの作品です。その昔、とんでもないホラー映画とか撮ってたPJだけど、本来はこういうリリカルな作品が好きな監督なんだろうな……多分…。それにしても「14歳」というのは大人でも子供でもない特殊領域な年齢としていろんな作品でその神秘性というか神聖性を取り扱われてますよね。14歳……自分、14歳の頃何してただろう?中2……うわあ、世に言う中二病ですかい!(苦笑)

初っ端から 「 私はスージー・サーモン。私は14歳で殺された。これは、私が天国に行ってからのお話 」 という少女のナレーションで始まる本作は、殺された少女の魂が残された家族への心配や初恋の人への想いという現世への思いの強さから天国に行けず(成仏できない…といったところか?)、現世と天国の狭間の空間から現実に起こっていることを眺めながら大切な人たちへ伝えられなかったメッセージを懸命に呼びかける……という非常に切ないストーリーでありました。でも彼女の死という事実は変えられないながらも、ぼんやりと温かい希望も残してくれる、前向きさを持った物語でした。

続きを読む "『 ラブリーボーン 』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »