カテゴリー「ドラマ」の3件の記事

2010年2月 2日 (火)

最近のTVドラマ

NHKの大河系のドラマ以外、いわゆる民放のトレンディドラマなど、たまたま見ちゃった以外では見たことのない身なのですが、最近なんかついつい見ちゃってるドラマが2つあったりします。まー、何となく気になるのも今の自分の心情を少しばかり反映してるせいもあるんかなーとか思うんですが、正直なかなか救われないものばっかり好んで見る自分の気も知れない。(おい)

「リストラ」をテーマにした 『 君たちに明日はない 』 (NHK)

「社内虐め」をテーマにした 『 泣かないと決めた日 』 (フジテレビ)

どっちも現代の世相というか、社会現象みたいなもんスかねー。仕事を探してさすらう身であったり(こんだけ切られてる世の中で拾ってくれる会社も少ないというものです)、初めて古風な日本の一般企業の内情を目の当たりにしたショックが冷めやらぬ身であったりするもんで、共感できるところが多かったりして……。いや、本当に酷い目に遭ってる人はたくさんいるんだろうな〜〜〜…というか。(汗)ドラマだから誇張も大きいだろうけど、少なからず世の中の人って皆保身的で理不尽な人も仕事も多いんだなあ……って最近つくづく思ってるんで。特に女ばっかりの職場というか社会の恐ろしさに逃げ出してきたばっかりなんで、ドラマ見ててウヘアー!に感じること多々アリって感じです。(爆)女の人ってホントにコワイ。キャリアと、男がからんでると。私みたいなボンクラはとてもじゃないけど対抗していけません。

ちなみに 『 泣かないと決めた日 』 で主人公を助けるいい人役を要潤がやっているんですが、私、今まで要潤というと、

Mitsunari Mitsunari2
こーゆーのとか、

Jagar
こーゆーのの、

イメージしかなかったので、本当にいい奴なのか?と最初無意味に心配でした。(笑)この人もイケメンライダー系出身の人でしたっけ?さらについでにこのドラマをやってる最中に流れる相変わらず可笑しいダイワハウスのCMが最高なんですよ。唐沢寿明よ、どこへ行く。

あと全然関係ないけど、このCMも大好きvv(温水さんv)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

それぞれの

『 坂の上の雲 』の第一話が好調なスタートを切り、安心いたしました。いやあ、やっぱ最高だよなあ、あの主人公たちの青春編。ホントにときめきがキラ星のように詰まってる感じがするんですよ、あのくだりは。そしてドラマからもその高揚感がよ〜く伝わってきました!冒頭の3人が松山城の階段を駆け上って城壁の前で写真を撮るって演出見ただけでなんか涙出そうになった。(苦笑)主人公の3人それぞれいい感じですね〜〜。しかも子役が……大人になった俳優に、というより、実物によく似てるんだ。ちょんまげ結ってた幼少ののぼさんの子役のあの目の離れた抜けた顔といい(おい)、少年時代の好古兄さん役の子の目鼻立ち!(ホントに30歳ぐらいの頃の兄さんの写真によく似ている)流石NHK、子役にも抜かりがないぜ……。そしていつもドツボをギュッと掴んでくれる伊東四朗。何だよ、あの久敬父さん!(涙目)ああ、ときめきが……ときめきが止まらないぜ……。(泣)ドラマ化の話が出てから早6年……待った甲斐があった出来に感じましたわあ…vv 続編が楽しみです♪

そんなわけで主人公3人を演ずる、役者さん方にまつわる映像・CM編な感じ。(笑)
何となく集めてみた。


すごい娘婿と舅。


ダイワハウチュ最高ー。


好き過ぎる阿部ちゃん。


嫌過ぎる阿部ちゃん。(比較)


でもやっぱり、

続きを読む "それぞれの"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

いよいよスタート…!!

Junnobo
▲ クリックすると大きな画像が表示されます。

そんなわけで、5年前から楽しみにしていた 『 坂の上の雲 』 のドラマ化…!遂に今週末から実現ですヨ!!いやあ〜〜…長かった!原作者の遺言上、映像化不可とされていたところを何とか説得して……と思ったら企画段階で脚本家が自殺、プロジェクトが頓挫しかけるもスタッフ再構成(これがかつてのNHK大河『秀吉』のスタッフってのが…(笑))でリスタート。大河かと思ったら「スペシャルドラマ」という微妙な枠組み。年5回の放送で3年間かけて…?!15話構成でできんのか?!という不安もあることはあるのですが、番宣を見る限りスタッフ、キャストの意気込みは本物っぽいので期待してます…!!あああ、本当に楽しみ!

NHKスペシャルドラマ 『 坂の上の雲 』公式サイト

明治日本。維新、文明開化を経て侍の世から急激な近代国家への道を小国が知恵と勇気でもってがむしゃらに走り続けた時代。まさに「少年の国」。こんなご先祖様がいたことを日本人は誇りに思わなければいけないと思います。

キャスト的には主人公3人は文句ナシです!秋山真之に本木雅弘、秋山好古に阿部寛、正岡子規に香川照之。特に阿部ちゃんの好古兄さんはドンピシャですよ〜〜。しかも「今」の阿部ちゃんだからこそのドンピシャ具合が最高です。(笑)あとドラマでは子規の物語もより丁寧に描いてくれそうなのでノボさん好き好きな私としても嬉しい。ドラマ次第だけど、個人的にキャスティングで残念賞なのは高橋英樹の児玉さんなんだよな〜〜。ヒデキ好きだけど、デカ過ぎるよ、児玉さんには。(汗)個人的にヒデキは八代先輩のイメージだったのに……。(その八代先輩は片岡鶴太郎…… ← むしろキャスティング逆にしたらどうだ?とか思う…)あと、こんな怪し気なマレスケでいいのかね?なのは柄本明の乃木将軍。(苦笑)柄本明なマレスケに高橋英樹な児玉さんが「旅順どしたー?!」とツッコんで来る(でも仲良し)姿って何か想像できない……。まあ、ともかく本年放映の第一部は主人公たちの青春編とも言っていい辺りで、私も原作で最も好きな辺りです♪ ふっふっふ……。 ( ^ω^ ) 下記のムック本やサントラも準備して待ってるYO!


坂の上の雲 第1部―NHKスペシャルドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ)坂の上の雲 第1部―NHKスペシャルドラマ・ガイド


販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナル・サウンドトラックNHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナルサウンドトラック

アーティスト:久石譲,サラ・ブライトマン
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2009/11/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【 原作本 】(全8巻)

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

著者:司馬 遼太郎
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


+

| | コメント (0) | トラックバック (0)